主に日記を書いてます。小説も書いてます。TOPは必ず見てください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ここは深い森のとある場所。
そこには、大きな切り株の周りに小さな切り株が数個、大きな切り株を囲うように置いてありました。
大きな切り株に、たくさんのお菓子とお茶が用意してあり、暖かな光が降り注ぎます。
今日もここで、お茶会が開かれるのです。

「っていうかさぁ~継母超ウザいんだけど!!?国で一番美しいのはあたしだっつーの!!」
 左手のリンゴ飴を舐めているのは、雪のように白い肌と血のように真っ赤な頬、そして黒檀のように黒い髪を持つ少女。
少女は不機嫌そうに右手の鏡を覗きこんでいる。
「ふあぁ……眠い……眠いですわ……」
 その隣で高価そうな枕を抱えて、眠そうにゆらゆらとしている少女。
「また不眠症なの?眠り姫。睡眠不足はお肌に悪いのよ?」
 眠り姫と呼ばれた少女は黄金の髪と綺麗な淡い桃色の貴族の衣装をまとっている。
そして、顔には大きな「くま」ができていて顔色もよくない。
「だって……怖い夢を見てしまったら!!って思うと……あなたもいい加減鏡見るの止めたら?白雪姫」
 白雪姫と呼ばれた少女は鏡から目を離して、眠り姫を睨んだ。
「やめなさいよ二人とも!いっつもそうやって喧嘩するんだから」
 と、ケーキが一切れ乗っている皿からひょこりと顔を出したのは、親指ほどの身長しかない少女。
見てわかるように親指姫である。
「親指姫は少し食べ過ぎよ。お控えなさい」
と紅茶を一口すすり、長い長い髪の毛を払った。
「やめてよラプンツェル。あんまり髪の毛バサバサさせたらお菓子に埃が付くわ」
 親指姫は嫌そうにラプンツェルの髪の毛を見つめる。
髪の毛は五十メートルを余裕で超える長さだ。
「仕方ないじゃない。これがないと塔から出れないのだから」
「でもさぁ……」
「これから私の家でお茶会を開くと言うなら考えても良いけど」
 そう言うと皆黙ってしまうのでした。
何故なら、ラプンツェルの住む塔は三十メートルの高さがあるのですから。
上るのも一苦労。
「ラプンツェルの家になったら私いけないじゃない」
 そう不機嫌そうにケーキをパクつく少女の下半身には美しい鱗と尾ひれがついている。
「大体、地上に出るのもやっとなのに上空とか冗談じゃないわ」
そう言いつつ新しいケーキを自分の皿に乗せて始める。
一体いくつ目なのか。
「人魚姫、貴女それいくつ食べたの?」
 ラプンツェルが呆れたように言う。
「いいの!!」
 何か相当不機嫌な様子。
「失恋したからってそんなに食べてはお身体に毒ですわよ」
 本日百回目のあくびをして眠り姫が言うが、人魚姫の勢いは止まらない。
「だって……アイツが悪いのよ……アイツが勘違いして他の女と結婚するから……」
ぶつぶつと文句を言っているとどこからか叫び声が聞こえる。
 五人が何事かとあたりを見回すと、全速力で何かが走ってくるのに気づいた。
「いやああああああああああああああああ!!!!変態っ!変態いいいいいいいいいいいいい!!!!!」
赤い頭巾をかぶった少女がものすごい形相で走ってくるではないか。
 その後ろから何かが少女を追っかけている様だ。
「待ってくれよマイエンジェル!!!!!!」
キラキラと汗を流しさわやかな微笑みを浮かべている少年がいる。
頭には耳、尻にはしっぽが生えている。
何かが色々間違ってはいるが、狼らしい。
「赤ずきん、こちらへおいでなさい」
眠り姫が手をひらひらと振り、こちらに来るように示した。
 赤ずきんは迷わず眠り姫の方へと走っていく。
「まってえええええええええぶべぇっ!!!!?」
 赤ずきんを追いかけていた狼は人魚姫の尾ひれにぶん殴られてその場に倒れた。
「うるさいわよ、このロリコン」
そう言いつつケーキをほおばる人魚姫。
そしてその後ろで伸びている狼。
何ともカオスな光景。
「ありがとう人魚姫……」
「しっかしこいつも懲りないわね、気持ち悪い」
そんな感じで赤ずきんも交え、お茶会を再開しようとしていたところ。
「こんなところにいたのか!」
また誰か来たようだ。
ラプンツェルが振り返ってみると、そこには白いシャツと黒いパンツと言う恰好で立っている男がいた。
「あー……見つかった」
ラプンツェルが面倒くさそうに言う。
「まったくお前は……毎回どうやってあんな高い塔から出てるんだ」
「髪の毛使ってる」
「……いいから帰るぞ」
「えぇー」
何か知り合いのようだ。
 赤ずきんが親指姫に不思議そうに聞いた。
「あの人誰?」
「あれはラプンツェルを監禁してる魔法使いよ」
「え!?魔女だと思ってた」
「監禁って言うな!!」
会話を聞いていたらしい魔法使いが怒鳴る。
 ラプンツェルがすくっと立ち上がり言う。
「見つかってしまったから、私は帰るわ」
「そうね、そろそろお開きにしましょう」
人魚姫が皿を置いた。
「わたし……かえって寝てみるわ……」
眠り姫も眠たい目をこすって立ち上がる。
「寝れるといいわね」
白雪姫も鏡を洋服のポケットに押し込んで立ち上がる。
「それでは、またお茶会しましょうね。今度は赤ずきんも」
「うん、じゃあね」
赤ずきんはそのままおばあさんの家にお見舞いに行ってしまいました。
姫たちもそれぞれの城に帰っていくのでした。







っていうカオスな童話。
途中色々文体が可笑しいんだけどこれから直していくんで…頑張ります…。
あと狼㌔㍉コンな件。
まぁいいよ。
白雪姫は自惚れです、眠り姫は不眠症です、ラプンツェルはなんだろうね、人魚姫は失恋中です、親指姫もよくわからん。
暇つぶしに書いただけですしおすし…。
多分気が向いたらまた更新する。
スポンサーサイト

【2011/10/30 18:21】 | 短編(?)
トラックバック(0) |


青春女
こういう童話系っていいですよね……(チラッ
更新待ってます!
私も頑張るよ。


低音さん
<青春女
いいよね!!隠れてないで出ておいで!!
こ、更新がんばる…。

コメントを閉じる▲
最近、時間が短いと思った。

一年が、こんなにも短かっただろうか

こんなにも早く、時間が通り過ぎるものだったか

小学生の頃は、次の季節が待ち遠しくてたまらなかったのに

今は気づけば、次の季節なのだ

その中で

私はあまり一瞬を大切には過ごせていないと思う

なんとなく過ごして

なんとなく生活を繰り返す

今日も

これからも

小学生の頃よく聞いた言葉

「時間を大切に、一瞬の出来事に感動を」

それは、無理なんじゃないかと思う

我々にとって時間は

生まれた時から

この星が存在するときから

もしかしたら宇宙が存在するときには

すでにあったのかもしれない

そんな当たり前の事を

いつも意識するのは難しい

一瞬一瞬の出来事に感動するのも難しい

一瞬とは本当にわずかで

気づかないうちに過ぎているから

しかし

ほんの少ない確率で起こるのが一瞬

だから人は感動できるのではないだろうか

例えば、雨上がりに見た蜘蛛の巣

雲の間から差し込む光

小さな野草の花

これは、長いようで一瞬ではないかと私は思う

だから

無理に時間にこだわることもないのではないだろうか






あの、なんか。
番組のサブタイトルに「私の遅刻だけ見逃してもらう訳にはいきませんか?」って書いてあって。
社会人だろうと学生だろうとそれはマズかろうよ。
と、思った所から始まりまして。
ちょっとそれらしく書いてみたくなったんですね。
はい。
なんかすいませんorz

【2011/05/01 02:17】 | 短編(?)
トラックバック(0) |


悠太
時間が短いのか、いいなぁ
俺は長くてしょうがない



低音さん
<悠太さん
なぜか母が「長いのか…いいなぁ…」って言ってたよ。
まぁまだ私たちの感覚で言えば15/1だからね。
これから短く感じるようになるさね。

コメントを閉じる▲
まぁ、その、なんですかね。
望の母の時の話になりますが、その時天界からお母さんこっそり見てたらどうかなとか思ってね。
低音と望のお母さんが会話してるよ。
低音は生きてるよ。
死んでないよ。
作者だから出来るんだよ。
追記から~。








「ふふ、あの子幸せそう」
女性が笑った。
肩に付くくらいの長さの黒髪に少したれ目の優しい表情をした女性だ。
背中には真っ白な羽が生えている。
「そーね」
その隣で低音が頬杖をついてはははと軽く笑った。
女性と低音は他人の家の屋根の上にいる。
「所で、会って行かなくていいの?由香里さん」
由香里と呼ばれた女性は優しい表情で低音を見た。
「えぇ、今会ってしまうと別れた後引きずるかもしれないから」
「あー、ありうるかもね」
「それに、あの子なら大丈夫よ」
その言葉を聞いて低音は表情を消した。
由香里は我が子の成長を楽しむ様に見ている。
しばらく望と吹雪がじゃれている所を眺めた後、低音が口を開いた。
「…あのさ」
「何かしら」
「私がこんな物語書いといてなんだけど。
その《望は大丈夫》って、本人にはかなり堪えてるよ」
由香里は目を見開いて低音を見た。
「作者だからわかる事だけど、望は全然大丈夫じゃない。
正直、今かなり辛い」
「…」
由香里は視線を戻す。
そして長い溜息を吐いて言った。
「わかってるわ」
「でしょうよ」
「仕方ない事だとは言わない」
「言う訳ない」
「本当は、あの子には悪い事したと思っているのよ。
いつも《望はお兄さんだから、我慢できるよね》って言い聞かせて。
そのせいか、あの子なんでも我慢する子になっちゃって…。
もっと甘えさせてあげれば良かった」
確かに。
望はすぐ溜め込む。
家事の事や兄弟の事。
人間関係、学校の事についても。
どんなに辛い事があっても言わないし問いただしても言わない。
いや、言えないと言った方が適格だろう。
「でもさ、吹雪に心開いただけでもかなり成長してると思わない?」
「あら、あの子吹雪ちゃんって言うの?
いつか挨拶したいものね」
「何言ってんの。ダメダメ」
「ダメかしら…」
「由香里さんはもう死んでるんだから。
そんな幽霊として出すわけに行かないんだから」
「でも、ちょっとだけなら」
「ダメなモンはダメなの!!」
「…そう…」
悲しそうに言った。
少し言い過ぎたか。
低音は少し悩んで言う。
「でもまぁ伝言は伝えてやらないこともない。
手紙でもいいよ」
「すごく上から目線ね」
由香里は苦笑した。
「それじゃあ、手紙を渡してもらえるかしら」
「おk」

「望、私そろそろ帰るね」
「ん…もうそんな時間か」
吹雪はスクールバッグを持って立ち上がった。
「じゃあ、また明日」
「あぁ、また明日」
お互い手を振り、吹雪は歩き出した。
吹雪の姿が見えなくなった所で。
「おう」
低音が湧いて出てきた。
「…お前か」
「そんな露骨に嫌な顔すなや。
あんたのお母さんから手紙預かってんだから」
「え…?」
「はいこれ」
低音は真っ白な封筒を差し出した。
望が受け取り裏返すと綺麗な字で《望へ》と書いてある。
望は驚きのあまり声が出ない。
「まぁ…寝る前とかの方が良いと思うよ」
「…こ、これお前が書いたんじゃないだろうな?」
「字が違うわ字が!
親切にしてやったのに!」
「わ、悪い。なんか、すごく驚いて…」
「…ま、そういう事。
じゃ、私も帰るよ」
「あ、あぁ」

帰り道、低音はぼそりと呟く。
「…ま、考えとくか」


その夜。
望は封筒の封を切って、中身を取り出した。
同じく白い便箋につづられた文字を目で追っていく。
読み終わった時に、便箋に一滴の雫が垂れて字が少し滲んだ。




以上です。
手紙の内容はご想像にお任せします。
自己満足ですハイ。
低音が超上から目線ですごめんなさい。
いや、望に由香里さんを会わせても良いんだけど…そんな都合のいい事してもいいものかと…。
痛い痛い!!石投げないで!!
まぁ…検討中です…。
多分誰も期待してないでしょうけどw
それでは。
読んで下さった皆様ありがとうございました!


追記を閉じる▲

【2011/03/28 01:16】 | 短編(?)
トラックバック(0) |
短編ってか詩。
演劇テレプシコーレ聞いてたら思いついて衝動的に書き上げたくなった。
演劇テレプシコーレまんまって訳じゃないから「あれ?そんなストーリじゃなくね?」と思っても怒らないでください。
私の中での妄想です。
似たような所が出てるのですが、これは飽くまでも二次創作です。
不味かったら消します。
大丈夫な方のみ追記へどうぞ。







ふらふらと歩いていると

いつの間にか森の奥

そのまま進むと

古くさびれたサーカスのテント

誰もいない

きっとこのサーカスはピエロも動物もいない

きっといつまで待っても始まらない

それこそ永遠に

それでも

中が見てみたくてテントの中に入った

丸いステージを囲うように観客席がある

暗い 暗い テントの中

観客席に座ってステージをながめる

すると

ステージにライトが当たる

そこに現れたのは

女性の形をした人形

曲が流れる

人形(彼女)が歌いだす

それは

このサーカスの歴史を語った曲

綺麗で

華やかで

涙が出るほどに美しかった

「それでは皆さんさようなら」

人形(彼女)は微笑んで

頭に銃を突きつけた










自己満足です。
ごめんなさいorz
ハチさんの曲は素晴らしいです。


追記を閉じる▲

【2011/03/07 21:19】 | 短編(?)
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。