主に日記を書いてます。小説も書いてます。TOPは必ず見てください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



蜜柑
「低音が忙しいんだってー」

吹雪
「毎年毎年、この時期になると面倒くさくてやること全部後回しにしちゃうから……懲りないよねー」

零文
「うおおおおおおおおおおおおお夏休みの課題おわらねえええええええええええええええええ!!!!」


「……はぁ」

蜜柑
「何言ってんの!あたしも終わってないしそれどころか始めてすらないんだからね!」

零文
「み、蜜柑……! 心の友よ!!」

蜜柑
「彼女でしょうが」

吹雪
「ちょっと蜜柑。まだ始めてないって流石にやばいよ。今からでも遅くないよ?」

蜜柑
「だってなんかやる気でないしー?」


「低音と同じじゃないか」

零文
「まあでも、受験っていう概念が無いだけマシかー。俺ら万年高校生だし」

吹雪
「そう言う訳でもないみたいだよ?」

零文・蜜柑
「えっ」


「奴は年齢操作もイベントも自由に起こせるからな……今低音が大学受験で参ってるから俺たちにも同じことをさせようと思ってるらしい」

蜜柑
「えー!?将来の夢なんか決まってないよ!」

吹雪
「別にそれは焦らなくても……まだ低音が私たちに同じことさせるって決めたわけじゃないし」

蜜柑
「だってだって!食べる事しか興味ないし」

零文
「運動は?」

蜜柑
「んー、でも別にアスリート目指したい訳じゃないし?かといって体育教師もなんか別に……コーチもやりたいとは思えないし?体育系はべつにいいかな」

零文
「お、おう……」

吹雪
「今日は将来の夢を語るのがお題なの?」

蜜柑
「なのかなあ。じゃあ、吹雪は?」

吹雪
「私は家のカフェを継ぐかなあ……つぶれてなきゃいいけど。そうじゃなきゃパティシエールとか」

蜜柑
「ぱてぃしえーる?」

吹雪
「女の人のパティシエはパティシエールって言うらしいよ」

零文
「俺は俺は!」

蜜柑
「聞いてないけど聞いたげるよ」

零文
「俺はコーチとかよさそうだなって!あと体育教師!」

吹雪
「橘井君らしいね」

零文
「望は?」


「……俺?」

蜜柑
「皆言ったんだから言わないと!」


「そうだな……特にこれになりたいと言うのはないが、やっぱり安定した収入がほしいし俺も働けば今よりは生活がだいぶ楽になし弟達にも少しは良い思いさせられるだろうから、ちゃんとした職に就くために大学通って勉強してその辺の企業に就職できればそれでいい」

蜜柑
「めっちゃ現実的で家族想いだった」

零文
「まあでもそれも夢じゃね?」


「夢、か……?」

吹雪
「十人十色だからそれもありだよ」

蜜柑
「と、言う訳で!今日のオリキャラと会話は将来の夢でした!
 あ、よく考えたら料理極めるってのも良いかも。食べれるし」

零文
「お、いいじゃんそれ。美味いもん作ってよ」

吹雪
「特に何かあるわけじゃないですけど。作者が更新したいから適当にお話ししました!」


「それではまたそのうち。オリキャラと会話があれば」







小説勧めれないし更新出来ないし面倒くさいしなんか色々後回しにしたツケが回って来ちゃったのに更新したいしで適当にやった。
うん。
スポンサーサイト

【2013/08/20 16:17】 | オリキャラと会話
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。